ストレッチマーク 消す

ストレッチマークを消すことはできますか?

ストレッチマークは消すことが非常に難しいのですが、時間をかけ
れば徐々に薄くしていくことが可能です。外科的手術や保湿をする
などいろいろな方法があります。

 

ストレッチマークとは妊娠することで皮膚の真皮層のコラーゲンに
亀裂が入ってしまい、肌表面に白い亀裂が生まれます。そしてここ
から水分が蒸発してしまい、硬くなると肉割れを起こします。こう
なるとなかなか消えてくれません。

 

ストレッチマークを消すためには真皮の細胞を活性化させ、保湿を
行うことが重要です。真皮に含まれるたんぱく質である繊維眼細胞
はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、プロテオガリカンなど
のたんぱく質を作ることができます。この細胞の働きを活性化する
ことによって真皮のターンオーバーを促し、裂けてしまったコラー
ゲン細胞を修復できます。肌の水分量があがると皮膚の収縮性を高
めることが可能です。乾燥すると伸縮性がなくなるのでストレッチ
マークができやすいのです。そのため皮脂の分泌が少ない場所は特
にしっかりと保湿していきましょう。

 

保湿クリームは専用クリームを使用しましょう。普通のボディクリー
ムでも代用は可能ですが、通常より肌が敏感になる時期なので敏感
肌用のものを選ぶのがポイントです。ココナッツオイルなどのボディ
バターも肌馴染みがよく保湿力があるので使いやすいでしょう。長
時間潤いを保ち、香りを楽しみながら使用できるのも特徴です。

ストレッチマーク対策!クリームとオイルどっち?

結婚し新しい命を生み出すことは女性にとって尊い行為ですが、その尊い行為のその後において出産後にはある悩みが尽きます。その悩みというのがストレッチマークであり、ストレッチマークは出産後のおなか周りに独特のしわが寄ってしまうことです。そのしわが寄った状態のままだと、特に夏場で露出する際に見た目が悪くなってしまい美容関係の悩みとなってしまいます。

 

その原因となっているのが出産後の急激なおなかな変化にありますが、実際出産後でなくても肥満だった体型が元に戻るときにもストレッチマークがでてしまうため女性だけでなく肥満だった男性がダイエットで痩せた時にも見た目が悪くなってしまうため男女性別問わずに悩みとなってしまうことになります。そのことから出来るだけ早めに対策する必要があります。

 

そもそものストレッチマークの原因と対策法!

そもそもストレッチマークができるのは、肌の特性が大きく関係しています。肌というのは水分と油分を保持するために網目状にコラーゲンといった吸着物質とエナメル質でできています。その網目状のコラーゲンやエナメル質は伸縮自在であることによって、新しい命を宿したことで腹部が膨れ上がりや肥満での膨れ上がりをしたとしてもおなかに皮膚が破れずに其のままの状態であり続けます。

 

しかし出産後やダイエット成功後において、元々膨れ上がっていた皮膚はその状態では無くなったとしても伸縮自在が災いしてゴムが伸びきったような状態なので急激には戻らなくなることが原因になります。その伸びきった後は伸縮自在でゴムが伸びきった状態なので、その対処法としては伸びきったコラーゲンやエナメル質を戻すためのクリームやオイルを塗って元に戻すことが先決です。

 

オイルとクリームどちらが良いのか?

ストレッチマーク対策としてたびたび議論となるのが、クリームとオイルどっちが良いのかということです。ストレッチマーク対策でクリームとオイルどっちが良いのかというと、基本的にどちらも使うことが望ましいです。

 

ストレッチマーク対策で重要なのは、肌の伸びきってしまった皮膚に水分と油分を与えてあげることです。クリームの場合保湿力が強いですが、日中汗をかいてしまうと蒸れてかゆくなってしまうため日中使う場合にはオイルが良いです。

 

そしてオイルは入浴後には洗い流されてしまうため効果が無くなりますが、その代わりに湯上りは毛穴が空いていることで保湿剤が体内に入りやすい状態になっているため就寝中の組織の回復力を高めることを目的として夜寝る前にクリームを塗ることが対策として良い方法になります。